資金繰りのコツ詳しく教えます!|フィデリ・資金繰り

資金繰りのコツ詳しく教えます!|フィデリ・資金繰り


  • 資金繰りTOP|資金繰り
  • 資金繰りTOP|資金繰り

株式会社フィナンシャル・インスティチュート|資金繰り

  • 資金繰り
  • 資金繰りTOP|資金繰り
  • 資金繰りTOP|資金繰り
  • 資金繰りTOP|資金繰り
  • 資金繰りTOP|資金繰り
  • 資金繰りTOP|資金繰り
  • 資金繰り

担保のあれこれ

「担保」の定義

担保とは、債務者が債務を履行しない場合に備えて債権者に提供されるもので、債権の弁済を確保する手段となります。銀行融資の場合、融資を受けている企業が返済を行わなくなった場合に備えて、あらかじめ企業側から銀行に担保を差し出します。
担保の種類はいろいろありますが、銀行融資によく使われるのは、不動産担保、株式などの有価証券担保、預金担保などです。

担保設定の方法

不動産は土地や建物などがありますが、担保設定のためには抵当権(もしくは根抵当権)を設定する方法をとります。担保設定すると、登記簿の乙区の欄にその旨が記載されます。


株式の担保設定のためには「有価証券担保差入書」を金融機関に差し出し、株式現物を金融機関に預ける方法をとります。同様に預金についても「預金担保差入書」を金融機関に差し出し、預金通帳、預金証書を金融機関に預ける方法で担保設定を行います。

不動産担保ローン・不動産担保融資

金融機関から融資を受ける場合、すでに所有している不動産や、新たに取得する不動産を担保とする条件が金融機関から出されている場合の融資を「不動産担保ローン」もしくは「不動産担保融資」などと呼びます。
仮に返済ができなくなった場合、金融機関は担保にとっている不動産を競売などで売却して、その代金を返済に充当します。

その他の担保

担保として金融機関に差し出すことができるものは、不動産だけではありません。他にもいろいろな種類の担保があります。


株式・社債・金融債・投資信託などの有価証券も、その価値さえあれば金融機関に担保として差し出すことができます。これらを有価証券担保と呼びます。また定期預金、定期積金など、預金を担保に融資を受けることもできます。これらを預金担保と呼びます。預金の場合はその価値が変動しないため、安心できる担保として金融機関の評価が非常に高い特長を持ちます。

無料レポートダウンロード|企業再生

▲ このページのTOPへ戻る