資金繰りのコツ詳しく教えます!|フィデリ・資金繰り

資金繰りのコツ詳しく教えます!|フィデリ・資金繰り


  • 資金繰りTOP|資金繰り
  • 資金繰りTOP|資金繰り

株式会社フィナンシャル・インスティチュート|資金繰り

  • 資金繰り
  • 資金繰りTOP|資金繰り
  • 資金繰りTOP|資金繰り
  • 資金繰りTOP|資金繰り
  • 資金繰りTOP|資金繰り
  • 資金繰りTOP|資金繰り
  • 資金繰り

保証のあれこれ

「保証人」とは?

保証人とは、中小企業などの借入者が契約どおりに返済できない場合、借入者に代わって銀行に対して返済する人のことです。つまり保証人になることは、保証人自身がお金を借りるのと同じことになります。保証人になるには、保証契約を貸主の銀行との間で結びます。


保証人に返すお金がなければ、保証人の給与が差押えられたり、保証人が所有している不動産が強制執行されたりします。借入者が自己破産したとしても、保証人にはその効力は及びません。そのため、保証人には依然として、支払義務が残ることになります。


銀行から融資を受ける場合、原則的に保証人は「連帯保証人」として契約を結びます。
「連帯」という言葉がつくだけで、責任の内容が大きく違ってきます。

「連帯保証人」の重い責任

連帯保証人は、単なる保証人と区別される立場にあります。
借入者が返済に応じない場合、仮に借入者に財産があって、返済可能と思われる時でも、銀行は借入者ではなく、連帯保証人に対して返済を請求し、連帯保証人の財産を差押えることができるのです。


原則、連帯保証人は銀行の返済請求に従わなければなりません。文字通り、返済の「連帯責任」を負う立場になることを、連帯保証人になる時にはよく理解しておく必要があります。

担保を提供する「物上保証人」

物上保証人とは、自分の所有する不動産等の財産を、他人の融資のために担保として提供した人のことをいいます。


ある企業が銀行から融資を受ける際、その担保として不動産を抵当権(根抵当権)に設定した場合、その不動産を所有する人が物上保証人ということになります。
もし企業が返済不能となった場合、物上保証人は担保となった不動産を銀行に没収されますが、連帯保証人とは違い、それ以上の返済義務は生じません。

無料レポートダウンロード|企業再生

▲ このページのTOPへ戻る