資金繰りのコツ詳しく教えます!|フィデリ・資金繰り

資金繰りのコツ詳しく教えます!|フィデリ・資金繰り


  • 資金繰りTOP|資金繰り
  • 資金繰りTOP|資金繰り

株式会社フィナンシャル・インスティチュート|資金繰り

  • 資金繰り
  • 資金繰りTOP|資金繰り
  • 資金繰りTOP|資金繰り
  • 資金繰りTOP|資金繰り
  • 資金繰りTOP|資金繰り
  • 資金繰りTOP|資金繰り
  • 資金繰り

資金繰り表の作り方

資金繰りに不可欠な「資金繰り表」。銀行に、資金調達の必要性をアピールするための重要な資料にもなるだけに、作成も管理も手抜きなく行わなければなりません。


資金繰り表は、毎日・毎週・毎月の現金収入と支出の流れを比べて、そのタイミングを把握するための大きな材料となります。中でも最も重要なのは、「月末の現金残高(次月繰越)がいくらであるか」です。マイナスであれば、その月の最後には資金不足に陥るということですから、事前に対策を打たなければなりません。


資金繰り表は「実績資金繰り表」と「予定資金繰り表」の2種類で構成されます。


「実績資金繰り表」は、これまでの資金繰り実績を表すもので、現金がどのように出ていって、どのように資金調達して、返済負担はどの程度だったかなどがひと目でわかるようになっています。


<作成のポイント>

  • ・1か月分の仕訳データを用意する
  • ・貸方もしくは借方勘定が、現金勘定もしくは預金勘定 (普通預金勘定・当座預金勘定など。固定預金は除いて考える)を抽出する
  • ・その相手方の勘定を集計する(貸方・借方の別に注意すること)

「予定資金繰り表」は、経営計画(損益計算書の予定)をもとに、今後の資金繰り計画を作成していくものです。


<作成のポイント>

  • ・月次経営計画を策定する(年次経営計画を月次に分解したもの)

毎月の損益計画書の予定を記入していくことで、資金繰り表は完成します。売上発生月と代金回収月が異なるかどうかに注意を払いながら作成しましょう。


業態や取引の方法によって売上代金の回収もいろいろあり、売上増加がすぐにキャッシュフローの改善とはならないケースも多いものです。すぐに現金として回収できれば資金繰りが良くなりますが、売掛が長いケースでは当然現金回収が遅れます。


「売上発生」と「現金回収」の時期のズレが企業にどう影響を与えるか──
これを明確にするのが「資金繰り表」です。

無料レポートダウンロード|企業再生

▲ このページのTOPへ戻る